蜂その後

ご心配をありがとうございました。
その後、痛みはひいてきたな〜と思ってたら、3日目より、なんとリンパ節がふくれてきました。
左側の頭をさされた訳ですが、驚くことに、左の耳の後ろ、左首根っこ、左の首筋の中間、左鎖骨の間、左胸下が今気づく腫脹部位です。
蜂さされによるアレルギー反応の遅延反応にあたるらしいです。
いわゆる呼吸困難等のアナフィラキシーは即時型反応です。

元免疫学者ですが(笑)、まさに身を以て、人体におけるリンパの位置を知りました。
抗ヒスタミン剤が処方されてたのですが、飲むと数分後に寝落ちするので、夜寝る前にしか服用してなかったので、それがいかんかったのだろうか〜、もっと飲むべきだったんだろうか〜、でも無理だ〜、と自問自答しております。そのうち、腫れも引くことでしょう。


e0076349_0263377.jpg新しい職場である大学にある植物園。結構気に入ってます。

e0076349_0264912.jpgこちら、なでしこです。ここではじめて本物をみましたし、薬草だったと知りました。面白い花の形だと思いました。

e0076349_027448.jpg




いつかの予防線の為に、一読されておくと、いざっという時役に立つかもしれません。。。。。

[毒性]ハチ毒による直接作用とアレルギー作用がある
  直接作用:毒の注入量によるので、刺傷数が多い場合は全身症状が現われたり、死亡することがある
  アレルギー作用:注入量にかかわらず起こり、ハチ刺傷による死亡の大部分はアナフィラキシー反応による

[症状]
 通常、疼痛、紅斑、腫脹。痛みは数時間から 1 日で消失し、かゆみを伴う硬結を残す。
注入量が多い場合やアナフィラキシー反応(通常、数分~十数分以内)、遅延反応(2~14
日後に血清病様反応)では全身症状が出現する
  循環器系:頻脈、心不全、心筋梗塞。アナフィラキシー反応の場合:血圧低下、虚脱
  呼吸器系:呼吸困難。 アナフィラキシー反応の場合:声門浮腫、喘息様症状、呼吸困難
  神経系:痙攣、昏睡、遅延反応の場合:発熱、倦怠感、頭痛
  消化器系:悪心、嘔吐、下痢、唾液分泌過多
  泌尿器系:多尿、急性腎不全
  皮膚:刺傷部の疼痛、紅斑、腫脹、硬結、かゆみ、皮下出血、壊死。
           アナフィラキシー・遅延反応の場合:全身の蕁麻疹、発赤
  眼:角膜刺傷では、浅ければ限局性の白斑、ひどい場合は虹彩炎、全眼球炎など
  その他:リンパ腺炎、リンパ節炎、溶血および横紋筋融解。
      遅延反応の場合:リンパ節腫大、多発性関節炎

[処置]
 現場で可能な処置
      針が残る場合は除去(つまむと毒液を注入するので、指などではじきとばす)
      抗ヒスタミン軟膏を塗って水で冷やす(アンモニア塗布は有効でないとされる)
   全身症状がみられる場合は一刻も早く医療機関を受診する
 医療機関での処置
      呼吸循環管理
      局所症状のみの場合:疼痛対策、腫脹対策(アイスパック、ステロイド剤)
      中毒症状が強い場合やアナフィラキシー反応の場合: 気道の確保と酸素吸入、輸液路の確保と輸液、アドレナリン注射。必要であれば抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、気管支拡張剤の投与

呼吸困難になりそうだったら、即救急車だとおもいましたが、そうでなかったので、開業医さんに行きました。
といっても、その開業医さんが、蜂さされの患者さんを果たしてみたことがあるのか心配でしたけど。大丈夫でした。その開業医さんは、元々は泌尿器科が専門みたいなのですが、今や開業医として、一般外科や、子供達の予防接種などもされている町のお医者さんです。
普段から、やばい時には、どこに行くということなど考えておくといいと思います。
by okagesandesu | 2009-07-27 00:48 | 日本うまい処


フラ、ぶうちゃん、サイエンス、大阪、シアトルとぶうちゃんの思い出、時々旅行記、人生は旅だね!


by okagesandesu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧