「Black Gold 」 from Seattle

今日はスタバの発祥地、シアトルっぽいコーヒーのお話です。
シアトルは、カフェがたくさん。スターバックス、タリーズ、シアトルズベストなど、大手チェーンはもちろんありますが、それよりは個人系小規模経営で、質のよいコーヒー豆を使ってて、ラテアートが楽しめて、さらに無料でWi-fiが出来る(これは出来て当たり前)ので、ノートパソコンを持ち込んで仕事をするなり、勉強をするなり、ネットで遊ぶなりして、カフェで長々と時間をすごすのがシアトルの冬の過ごし方です。
そんな中、最近シアトルで持ち上がってるブームがあります。

それは、フェアトレード

実のところ、私もこの5月ころまでは全然知りませんでした。
シアトルでは、年に一度、Seattle international film festival (通称:SIFF)が行われます。そこでは、色んな映画が一日興行をするのですが、なかなか面白いもんです。今年はチャップリン映画の「黄金狂時代」を見て、チャップリンに感動しました。そして、もうひとつ、超感動したのが「Black Gold」というドキュメンタリー映画でした。

私の英語リスニング能力は適当なので、理解が正しければですが、その映画で紹介されていたのは、ある時期からコーヒー豆の値段が激落した(つまり買い叩かれているということです)為、コーヒー豆の産地の人は生活が困窮を極め、子供たちは学校も行けない(というか、学校がない)など、かなり悲惨な状況に陥ってるという話でした。なんと、腰の位置くらいまである超でっかい麻の袋一杯が1ドルだそうです。彼らは何も車がほしいとか、ちょっと贅沢がしたいというわけではなく、せめて子供たちに教育を施すくらいのお金を稼ぎたいというのです。そんななか、一人の人が立ち上がりました。その人は、コーヒー豆栽培農家に質の良い有機栽培のコーヒー豆を作らせて、それを一般市場ではなく、独自のルートで手数料の発生しないような仕組みにより、直接売人に公正な貿易(=フェアトレード)価格で買い取ってもらい、それを農家に還元するという仕組みを作りました。それが、フェアトレード。つまり、フェアトレードの製品を買うと、農家の人が直接もうかるので助かるという仕組みです。若干、値段は高くなる分、良い商品を提供するということでもあるそうです。

e0076349_16154263.jpgその映画上映時には、その人も、映画監督兄弟もきてました。そして、熱く熱く、フェアトレードがその農家の人たちにいかに大事かというのを語っておられました。友達と二人、目と胸が熱くなりました。この映画は、Sundance映画祭でも上映され議論を巻き起こしました。映画終了直後にS社のCEOが釈明の記者会見を開いたり。何故なら、価格が暴落した時期は、S社が一気に世界に拡大した時期、そのまんまだから・・・。S社のHPを見ると、フェアトレード商品を扱ってますと書いてありました。ん?じゃあ、全部そうなの?どうなの?


まあ、つまり、同じコーヒーを楽しむならば、フェアトレードで買いましょう。そしたら、オーガニックだし安全で、農家の人にも貢献できるというわけですし・・・という話なのです。
でも、これはコーヒーに限らず、カカオ豆も、小麦粉もそうらしい。そういえば、今日本でもカカオ80%とかとにかく高い純度のチョコが超人気ですね。

そんで、その映画後、最近のシアトルでのブームは「フェアトレード」。
面白いと思ったのは、おそらく元凶となったコーヒー(ラテ)ブームのスタートであったこのシアトルから、今度はフェアトレードブームを・・・ということだった。
この夏には、フリーモントには、オーガニック+フェアトレードのカカオ豆を使ったチョコレート工場が出来ました。これは、私の最近の仕事のお供・・・。

e0076349_16261660.jpgまた、私のよくいくお気に入りのCafe ladroもよく見るとオーガニック+フェアトレードでした。ラドロの中にはこんなプレートが下がってました。写真の左のほうにあるマークがフェアトレードのマーク。


で、近所のスーパー、Ballard marketに新しいカフェが出来たと思ったら・・!
e0076349_16353957.jpg


ばば~ん!その名も、そのまんま、Equal Exchange。偉いよ!すばらしいよ!

絶対、私の気のせいなんかじゃなくて、フェアトレードの波がやってきてるよ。リサイクル、オーガニックに並んで、普通に認知される日がきてほしい、フェアトレード!

e0076349_163394.jpg店内には、先の映画が10月初旬より一般公開されて、ただいま上映中というお知らせがちゃんと貼ってありました。私ももう一度見に行きたいと思っておりますが、上映期間中に間に合うか?何しろ、アメリカは映画の数が多いので、映画の入れ替わりが異常に早い。でもDVDでたら絶対買うよ。また、この映画以降、友達とドキュメンタリー映画の奥深さに気付いたね、これからはドキュメンタリーだね、と言っておりました。


e0076349_16391129.jpgなかなか素敵な店内で、ラテでくつろいでみました。ラテはお姉さんの腕も関係するので、別段際立ってうまいっ!と言うほどではなかったけど(それはラドロと比較するからだけど)、普通に美味しく頂きました。豆はスーパーの中で売っていて、1コーナー、Equal Exchangeに設けられてたので、アメリカに来て初めてスーパーで豆を買い、その場のマシーンで轢いてみました。帰りの車内はコーヒーの香りが充満。幸せ・・・。


日本では、どれくらいフェアトレードって出てたか覚えてません。
でも、日本でも、カカオも、コーヒー豆も大量に消費するから、日本にも浸透する日が来るといいな、と思いました。そして、このドキュメンタリー映画はまじでお勧めなので、近くで見かけたら是非見ていってくださいな。

そして、私はこのコーヒーで、仕事の山場を乗り切るのだ~(^^)///.
by okagesandesu | 2006-10-14 17:07 | ダイエット日誌


フラ、ぶうちゃん、サイエンス、大阪、シアトルとぶうちゃんの思い出、時々旅行記、人生は旅だね!


by okagesandesu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧