<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Ken's Pizza in Portland

e0076349_15171055.jpgちょっと前の週末、ポートランドへピザを食べに行って来ました。住宅街の中にポコッとあるピザ屋なので、夜の風景はこんな感じ。不思議な感じがします。


e0076349_15201445.jpgここでは、この窯がキッチンの全てです。渋い!


e0076349_15212487.jpg長蛇の列でした。席につくには一時間はかかるよ~とサインアップした時に言われ、奥にあるバーのほうに向かいました。とても親切なおじさんが席を譲ってくれて、カウンターに座りました。すると、なんとピザメニューが出てくるじゃないですか!カウンターでも食べれるようです。おお~、あの親切なおじさんは食の神様だ~!


e0076349_15245012.jpg野菜グリルは絶対頼みましょう~♪ 季節ごとに出てくる野菜が違うので、前回のほうが魅力的でしたが(ナスがうまかった)、今回も悪くはなかったです。野菜の美味しいポートランドならではですね。


e0076349_15264118.jpg待望のピザです。今回は色をだしてしまい、後悔しました。ルッコラがたっくさんのったピザ、あれを頼めばよかった~。でも、この二つも悪くないです。プロシュートののったピザと、ソーセージのピザでした。生地が美味しいと思う~。


Ken's artisan Pizza
304 SE 28th Ave (at corner of Pine St.)
Portland, Oregon 97209
Tues - Sat: 5pm - 10pm
503.517.9951

注意)とにかく混みます。列が出来てます。メモ帳を持ってるお姉さんを捕まえて名前を告げましょう(笑)。バーのほうも順番待ちのこともあるようですが、私達の行ったときは、バーはとったもんがち状態でした。上手くバーや奥に座れれば、待たずにすみます。周囲は住宅街ですが、車はなんとか路駐出来ると思います。お勧め時間は、5時の開店直後と、逆に9時半くらいの閉店近くでしょうか・・・・・。
お勧めは、野菜のグリルと、ルッコラののったピザかな。
余力があれば、本店のKen's artisan Bakery まで行き(モーニングにでも)、美味しいベーカリーをエンジョイしてください。私のお気に入りは、バゲットのサンドイッチと、カヌレです。
by okagesandesu | 2008-04-24 15:43 | ポートランド編

4月22日はEarth day

最初のEarth Dayは、1970年4月22日だったそうです。
その日は、地球や、天然資源、公害などに対する関心向上に成功した日だったそうです。
政治家、市民、学校の子供達は、キャンペーンなどに参加したそうです。
ちょうど同じその日、TVでは、Native american の酋長、Iron Eyesが沿岸を歩く姿を放映しました。その沿岸は、ドライバーが車の窓から投げたゴミで埋まっていました。酋長の目から涙が一筋流れ、ほほをつたいました。
アナウンサーは言いました。
「人々が公害を始めたのだ。だから、人々はこれをストップできるのだ」と。。。
引用本;The Everything Green Living Book: Easy Ways to Conserve Energy, Protect Your Family's Health, and He
Diane Gow Mcdilda / / Adams Media Corp
スコア選択: ★★★★★ Everything Green Living book

本屋には、エコ関係の本が並んでました。公園では何かイベントがあるところもあるようです。先日のダライラマのイベントと引き続いてるような感じがします。

e0076349_1755611.jpg
先日、日本に戻った時に、お友達のJちゃんが出産したそのお祝いに、Jちゃんの赤ちゃんにエコロギフト、植樹のプレゼントをしました。購入すると、その金額の一部が社会貢献活動、植樹にあてられ、ギフトを受け取る人には植樹証明書が届けられます。
Ecologiftでさせて頂きました。
もう一つの最後までどちらにしようか悩んだ会社は、Present Tree。こちらも気になりました。でも、白山というところで、前者の会社にしました。
証明書のデザインタイトルは「木をめぐる物語」。
Jちゃんならきっとわかってくれるね?!とママと相談して贈らせていただきました。
アメリカにも、こんな会社がいくつかあるようです。値段は全然またちがいますけど。
気合の入った贈り物をしたい時、いいな~と思いました。


e0076349_181144.jpg


マーサアイランドの公園に行きました。鳥がきれいな音色で鳴いてました。やっぱり自然は、緑は、落ち着きます。(音声が聞こえない方、音声つまみを調節してみてください~。画面の下の音声つまみのところと、パソコン自体のボリュームの両方をチェックしてみてください~。)
by okagesandesu | 2008-04-22 18:19 | シアトル生活

Dalai Lama at UW

e0076349_17532845.jpg

Dalai Lamaがワシントン大学(University of Washington, 略してUW)に来ました。4月11日より5日間、Seeds of compassionというイベントがシアトルで開催されており、そのイベントのために来られてました。日本のニュースでも成田からダライラマがシアトルに向かったと報道されてたのでご存知の方も多かったかと思います。
UWでは、ダライラマにDegree of Doctor of Human letters, honoris causa, を、つまり名誉学位をお渡しするということで、セレモニーをバスケットコートのある大きなアリーナで行いました。

このイベントへのチケットはもちろん無料ではありましたが、数が制限されており、学生さんのほうにはまだ数が多かったものの、わたしにはゲットすることが出来ませんでした。
同じラボにいる学生のDaphneちゃんが、こないだのわたしの誕生日のときに、誕生日プレゼントとして彼女が苦労して取ったチケットをくれました。なんて、Sweetな人なのでしょう。彼女の優しさにとても感動しました。本当はこのチケットは譲渡は許可されていなかったのですが(セキュリティーのためでしょう)、UWの身分証をもっていたので、無事に入場することが出来ました。
ただ、実際のチケットが手違いで彼女の元に届かなかったため、結局二人で会場側のオフィスにチケットを受け取りに向かうこととなりました。
アリーナが近づくと、大きな声援が聞こえました。でも、さらに近づくと赤い旗が翻ってるのが見えました。空にはセスナが旗を引っ張って飛んでます。何か様子が違う・・・と見ると、中国の留学生さんたちが会場に向かってデモをしてました。そして、そのデモをしてる所へ向かう中国人のグループも見受けられました。スピーカーで叫び、旗を翻し、弾劾してました。その光景には正直ショックを受けました。あまりにも愚かに思え、情けなく、言葉を失いました。

そんな中、今までに見たことのないほどの長蛇の列の最後尾に並んだものの、会場されると意外にすんなりと入らせてもらい、着座しました。待ってる間は、ハワイアン音楽、IzのOver the rainbowなどの曲流れてました。でも、意外にこの音楽がぴったりだったようなきがします。どの人たちにも受け入れられる曲としてよかったと思いました。その後、開会が近づくと、UWのオケが演奏してくれてました。

いよいよ、オケもひときわ大きくなり、開会しました。
ダライラマが入場してきました。一斉に会場の人々は立ち上がり大きな拍手が沸きあがりました。それはとても自然で、人々の心からの歓迎の気持ちの表れだったと感じ、感動しました。
その後、名誉学位が贈られ、ダライラマは金と紫色のマントを着せてもらってました。
そのまま、彼はスピーチを始めました。ほとんど彼が自分で英語でスピーチしましたが、時々は語彙を確認するため、横についてた通訳の人と話をしたり、助けてもらいながら、話してました。

彼の話のポイントは「Compassion」でした。
日本語で訳すとなんでしょう。辞書で引くと、思いやり、深い同情{どうじょう}、同情{どうじょう}、哀れみ、慈悲{じひ}と出てきます。恐らく、思いやりというのが一番ぴったりくるのではないでしょうか。
この世の中、敵を打ち負かしたら勝者になるか。そうではないと彼は言いました。敵であれ、隣人であれ、それは自分でもあるのだと。つまり、敵や隣人を攻撃するということは、自分を攻撃しているのと同じことであるということだそうです。まず、自分を大事にしなさいということ。何故なら、自分を大事にして、自分に確信が持ててこそ、始めて今度は他人を大事に、他人を尊重出来るようになるから、ということでした。そして、そこに思いやりが生まれます。
怒り、憎しみ、これらのネガティブな感情が沸くのは仕方がないことです。よくないことは、これらの感情をいつまでも握り締めていること、これらに固執することです。どうすればよいか、Come and go, come and go....(確かこう言われたと思います)、沸いてもそれを流していきなさいと。そして、自分の真ん中に強いConfidenceを持って、物事を冷静に観察し、思いやりと相手を尊重する気持ちをもって行動すれば、物事は今よりはるかによくなるでしょう。一人一人は等しくとても大切な存在なのです。平和な世の中というのは空からは降ってきません。何故なら戦争というものは、わたしたちの心が作り出していったものです。なので、同じく、平和というものもわたしたちの心にかかっているのです。というのが大体の要旨だったと思います。

学生さんが何人か質問をしました。
印象に残った幾つかを書いておきます。
Q. 生まれつき、思いやりが欠如してる人がいると思います。そういう場合はどうやって思いやりを育てたらよいのでしょうか。
A. 分かりません。でも、生まれつき・・・というのは、本当に生まれつきは皆同じ、何も違いはないのです。でも、その後の環境によって、大きく差が出てきます。よって、子供の時にそれらを伸ばしてあげること、そして、出来るだけ一緒に時間をすごすことが大事になってきます。

Q. 地球温暖化について。
A.もし、温暖化が本当に地球や太陽の位置やそのような変化によるものだったら、それは私達のなすべきことをはるかに超えることなので、答えは変わってきます。でも、もし環境汚染や、地球資源の枯渇ということでしたら、出来ることからやらないといけないです。本当に症状が出た時には手遅れだからです。私も、小さなことですが、お風呂を止めてシャワーにしてます。お水の節約で・・・・・。

Q. DV(Domestic Violence), HIV, etc....などの問題に取り組む時へのアドバイス(?)
A.決して、相手を見下さないことです。仮に相手が刑務所にいたとしてもです。何故なら、そこで彼らは自分はもう社会から切り離されたと感じるからです。まず、相手の話をよく聞きなさい。


最後に、子供達がSeeds of compassionで練習した曲を披露しました。
とても感動でした。この子達はどう考えて、どんな大人になっていくのだろう。この子達の親はこういうイベントに子供を参加させてあげて、どんな風に感じているのだろう、などと色々考えてしまいました。

一人の仏教僧の言葉を、本当に人種も超え、宗教も超え、皆が黙ってその話を聞こうとし、耳を傾ける。。。人気があるから・・・それであっても、これはすごいことだと思います。そして、その聞こうとしてる人たちは少なからず、もっと世の中が良くなって欲しいとか、何かを期待しているのかと思います。これだけの人数の人が彼の話を聞き、ある人たちは特に変わらないかもしれないし、ある人たちは、何か自分に出来ることをし始める。
土曜に、ダライラマはQwest field(アメフトの球場)で同じように公演をしたらしく、それに行った人から聞きました。最初、始まった時、ダライラマは涙を流したそうです。Qwest fieldはほぼ満員に席は埋まってたそうです。それだけの人がダライラマを見に、話を聞きに行ったわけです。そして、UWでも多くの学生や職員が詰め掛けました。それは時代や、人々の思いや願いのMovementの瞬間であったのかと思います。

そして、一つ、ダライラマが学生に伝えたかったこと(と私は受け取ったのですが)。
それは、これからの世の中に対して、誰かが~ではなく、一人一人が責任があるということ。
一人一人が自分のinner peaceを真剣に見つめ、それを今度は自分の外にexpandしていくこと。
なんと、encourageしてくれる言葉なんでしょうか。

最後にダライラマの今回の言葉を書いておきます。

True Compassion is not just an emotional response but a firm commitment founded on reason. ~His holiness the Dalai Lama~
by okagesandesu | 2008-04-15 19:27 | シアトル生活

カイルアの波音




初動画やってみました~。
どうです?海に入りたくなった?!
by okagesandesu | 2008-04-11 17:44 | 旅行編(ハワイ)

さよならハワイ

e0076349_16402826.jpgやっとハワイ編も終わりです。たった4日間でしたのに、かなり充実の旅となりました。これも一重にYさまのおかげ・・・(^^)。ありがとうございました。
最後は、旅の間のお供だったハワイのお水と、やっと本場ハワイで(というか空港なのですが)見つけたスパムムスビ。渡米してわりとすぐに同僚(というか相方)が家に招いてくれて、作ってくれたのがスパムムスビならぬスパム押し寿司でした。あったかくってホッとしました。
空港で飛行機を待ってましたが、空港の寒いこと・・・・(冷房で)。時間の許す限り、限界の重さのバックパックをしょって、店を右往左往してました。


e0076349_16455598.jpgついに発見。空港の店で、プルメリアのレイを見つけました。Yさまによると、成田でちゃんと通関に見せたら持って帰れますよとのこと。無事持って帰れました(日本へ)。夢のプルメリア~。


e0076349_1649249.jpgこちらは、なんとジンジャーの花のレイです。ただ、これがっ!気温があがったせいか、まだ腐敗もしてませんでしたが、すごい匂いを放ってました。異臭にちかい。。。。。おかしいな~。。。


e0076349_16502768.jpgこれは、スーパーで見つけたククイの実のレイ。何故かアメリカ本土には持ち込み禁止となってました。でも、日本には禁止とはかいてないもんね~ということで、でもかなりドキドキしながら日本に持って帰りました。かっこいい~!


e0076349_1652958.jpg種にも羽がついてる~!小学校の時、ポスターカラーで絵を書く課題が出され、想像で花の絵を描きました。後に、その花が実在することを知りました。それがこの花のもっと派手な色のバージョンです。想像と実在が一致したのか、またはどこかTVででも見てたのか、と今でも時々自分の描いた絵を思い出します。


飛行機より写した写真(↓)です。

何より珍しい旅だな~と思ったのは、シアトル~サンフランシスコ~オアフ~成田。伊丹~成田~シアトル。この間、ほとんどのフライトで隣の席が空席だったことです。さすがに、最後の成田~シアトルに戻る時にも横に人が居ないのには驚きました。いやはや~。申し訳ないです~(^^)。
なので、普段は通路側に座ってますが(トイレの回数が多いのでフライト中は必ず通路側です)、この日はずずっと窓側にへばりつき、外の様子を見てました。

e0076349_171414.jpg

e0076349_172462.jpg


by okagesandesu | 2008-04-11 17:10 | 旅行編(ハワイ)

At Halekurani 2 ~Sunset~

Halekuraniでカノエミラーさんのフラの最初のステージの後だったと思います。
とっても素敵なサンセットが見えました。カノエミラーさんの1ステージと2ステージの間のお休みの間でしたので、あまりにもきれいなので、席をたって、サンセットを写しに行きました。
Yさまのお話によりますと、私が動いたのをきっかけに、かなりの人がせきをきったように動き出してしまったようで、バンドマンの人に申し分けなかったな~と思いました。
すみません・・・。
ここにその時とった写真をまとめて載せておきます。重たくなるかもしれませんがご了承ください。
e0076349_1645697.jpg


e0076349_16491671.jpg


e0076349_1650153.jpg


e0076349_16503791.jpg

e0076349_1651113.jpg


e0076349_16514766.jpg

e0076349_1652694.jpg

by okagesandesu | 2008-04-10 16:54 | 旅行編(ハワイ)

At Halekulani 1 ~House Without A Key~

e0076349_1662186.jpg夜、ワイキキに戻り、歩いてホテルハレクラニまで行きました。天国にふさわしい館との訳がついてましたが、その名のとおり、ここは、とても素敵なホテルですね。ここのビーチサイドにあるバー、House without a Keyの樹齢100年を超えるキアヴェの木下で、元ミスハワイのカノエ・ミラー(Kanoe Miller )さんがフラを踊られているそうです。日曜は踊られてないとのことで、待って月曜に行きました。
電話でよい席を予約しようとしましたが、予約はとりません、と言われ、突撃することとなりました。でも、臆することなく、席を案内する人にはっきりと「フラを見たいので、できるだけ席をステージ近くにしてください」とお願いすると、なんとかぶりつきの一番前の席に座らせてくださいました。アメリカですね~。要求ははっきりしてみるもんです(笑)。


カノエ・ミラーさんご本人が出てこられました。とっても雰囲気があって、本当に素敵でした。

          最初の衣装です。まだ日没前です。
e0076349_16191577.jpg


     二回目のステージの衣装で、サンセットの直後だったと思います。
e0076349_16193835.jpg


        三回目のステージの衣装で、完全に日が暮れました。
e0076349_1622121.jpg


なんとも素敵でした。Yさまがフラを見にここに来るというのがよくわかりました。私は、フラダンサーの技術がある一定レベル以上に上手だと、後はその人が心から楽しんでフラを踊ってるか、気持ちがこもってるかどうかだけでもう大体の場合はOKなんです。振り付けの好き嫌いとかもちろんありますが、それも気もちが伝わるかどうかですね~。何歳になってもこんな素敵に踊れたら最高ですね。そして、ナイスプロポーションも・・・・。

e0076349_16212851.jpg


e0076349_1632869.jpg


e0076349_16333261.jpg




レイのつけ方も素敵です。そして、ポーズがさすがです。
このステージをどまんまえでみれて、幸せでした。他のお客さんにも、あ~きっとフラしてらっしゃるのだろうな~という方も見受けられました。

e0076349_1636484.jpg食事も美味しかったです。Poke stationのココナッツシュリンプと違い、シュレッドされたココナッツを使って揚げてあったので少しシナッとします。でも、まあこれはこれで。
e0076349_1637681.jpg大きなエビのシュリンプカクテル。本当にYさまと私、どこまでもエビ好きでございました。Yさまとは食の好みが本当に一緒で、とてもよかったです。
食事もカクテルもエンジョイし、贅沢にもカノエミラーさんのフラを3ステージ見て、本当に幸せでした。

by okagesandesu | 2008-04-10 16:41 | 旅行編(ハワイ)

KAENA point and KANEANA cave

e0076349_17182060.jpg

この写真の碑は海側にたっており、道路を挟んだ山側にカネアナ洞窟があります。Yさまがきづいてくれなかったら行き過ぎるところでした。カネは男性(または想像の神)、アナは洞窟だそうです。アナって日本語と一緒・・・。

ガイドブックによりますと、古来ハワイの人々は死者の魂は「大地の子宮」といわれるこの洞窟にしばらく留まった後、暦で定められた日に夜の行進をし、カエナ岬の岩の上から天国へ旅たつと信じているそうです。この洞窟は、昔、床にサンゴの砂をしきつめ、ククイの実からとった油をともしカフナ(神官)を招いて祭礼を行ったそうです。また、この洞窟はサメの神ナナウエの住居とも言われたそうで、昔は人間は出入り禁止だったそうです。洞窟の中にある2本の通路のうち、ひとつは山へ、もうひとつは海へつながってるといわれてるそうです。

ガイドブックを見ると洞窟の写真が載ってます。
入り口は溶岩のすき間って感じで大きく、中はとても小さくて通路っていうのは見えないくらいに狭くなってました。写真をもちろん撮ったのですけど、ん~、なんとなく載せないほうがよさそうなのでやめときます。ここは、確かに神聖を超えて、畏怖の念を感じるところでした。

e0076349_1738756.jpg

最終地点マクアビーチです。この先はトレイルで歩いていくようになってました。ここから見えてるのがカエナ岬。でも、カエナとは灼熱という意味だそうで、そのとうり、ここはジリジリと焼けつくような日差しとなんともいえない暑さでした。有名なハワイアンミュージシャンのイズラエルの遺灰がこの地に眠っているとガイドブックにありました。
カエナ岬、カネアナ洞窟、そして、このマクアビーチ。言葉に表すのが難しいですが、オアフの違う側面という感じがしました。
by okagesandesu | 2008-04-09 17:48 | 旅行編(ハワイ)

Poke stop  ~ハワイ滞在 四日目~

e0076349_1756510.jpgやっと四日目までたどり着きました。この日が最後になるため、最後にまだいってなかったKANEANA pointの方面に行くため、ノースへ車を走らせました。
その途中にまずこの日の第一の目的地、ポキストップへ行きました。


基本的に、赤身マグロには興味がありません。マグロをさいころ目に切って、ごま油、醤油、ハワイ塩、唐辛子、海草であえたサラダみたいなのがポキです(Poke)。マグロがPokeになるといきなり大好物に変わります。そこは、Yさまも同じらしく、大好物のポキが美味しいらしい、このポキストップへ連れて行っていただきました!

e0076349_182367.jpg大きなモールの駐車場の中のほ~にその店はありました。店内には、色んな種類のポキが並び、興奮しました。色々、量り売りしてもらい、ココナッツシュリンプもその場で揚げて頂きました。お弁当にも出来るみたいです。


e0076349_1833589.jpgどれも美味しかったです。でも、なかでも特においしいと思ったのは、このマウイオニオンポキ。マウイオニオンってのがうまいのか?シンプルでオーソドックスだけど、これが一番おいしかったです。


e0076349_1863315.jpg後ほど、とおりかかったスーパー「タムラ」で氷を買い、ポキを冷やして、このような景色のところで食べました。美味しかったです!もし近所にポキストップがあったら絶対通うだろうな~。。。。。


Poke stop
Waipahu Town Center
94 050 Farrington Highway, E4
Waipahu, HI 96797
(808) 676-8100
Mon-Sat; 8-7, Sun; 8-5

by okagesandesu | 2008-04-01 18:19 | 旅行編(ハワイ)


フラ、ぶうちゃん、サイエンス、大阪、シアトルとぶうちゃんの思い出、時々旅行記、人生は旅だね!


by okagesandesu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ブログパーツ

検索

ブログジャンル