<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

淀屋橋 芝川ビルにあるモグラ珈琲屋さん 〜Mole Hosoi Coffee〜

e0076349_22543989.jpg


淀屋橋には、まだまだ渋いビルがあります。その一つがこの芝川ビル。
非常に歴史があるビルらしく、よく戦時と震災を生き延びたビルだなあと思います。
詳しくは、芝川ビルのHPにて。。。。。

何故この芝川ビルに行ったかを知りたくば、ここをクリックして続きをどうぞ。。。。。
by okagesandesu | 2009-02-28 23:42 | 日本うまい処

大阪 淀屋橋探索続き 〜中之島図書館〜

e0076349_1428591.jpg



日本に戻ってから、頻繁にブログをアップしてるな〜と思われておられるかと思います。

実はその要因が携帯電話にあります。
渡米前から使ってた携帯はほぼ8年物となり、まだ使えるからいいかな〜とは思っていたのですが、周囲に古いね〜と笑われる始末で、またカメラ機能も低い事から、思いきってモデルを変えました。すっかり時代に取り残された私は、ワンゼグが何かも知らず、笑われながら、なんとかSonyから出てるBRAVIAに変えました。理由は、そのまま海外(アメリカを含む)で使えるようにと、カメラの性能とデザイン性でしょうか。iPhoneもいいなと思い、ずいぶん悩みました。でも、変えた後に、Softbankから、iPhoneを本体価格0円なんてキャンペーンが始まって、ひど〜い。。。とは思いましたが、後の祭り。

まあ、そんな訳で、シアトルでは大きなCannon Powershot G6のカメラを持ち歩いて写真をとり、PCにダウンロードして、写真の大きさを編集して〜という作業をしていた訳ですが、今では、携帯カメラで撮影〜そのままExciteに写真を添付したメールを送るとブログ更新完了。
と、いう風にずいぶん便利になったので、ついつい、電車に乗ってて暇な時とかに更新をしてしまうようになりました。
もちろん、写真の画質や、アングル的な事は、G6には携帯では及びませんので、ちゃんと写したい時はG6に戻ります。

そして、帰国してから、まあ〜贅沢三昧、グルメ三昧をしてるな〜と思われておられるかもしれません。
でも、事実は反するのです。
実家に戻ってることもあり、普段は両親と共にかなりヘルシーな食事を取っております。
さらに、大きく育った娘(←私のこと)をなんとかしなくてはと思う母心もあり、ご飯をおかわりしようもんなら、ブ〜イングで、ブロックされます。そんな訳で、少しずつ、胃を小さくして、社会復帰ならぬ日本復帰に向けて頑張っている所です。

と、たくさんexcuseを書いておきました。

上の写真は中之島図書館です。続きは、ここをクリックしてください。
by okagesandesu | 2009-02-27 19:55 | 関西生活

北極星オムライスに出会ふ

e0076349_21513879.jpg

淀屋橋に行きました。最近、よく来てしまうエリアです。駅近くを通ってた時に少し不思議な感覚がした看板を見かけました。知らなかった事が恥ずかしいくらいですが、そこがかの有名なオムライス発祥の場所と言われる北極星の支店でした。
お昼時、就職活動中っぽい人達、サラリーマン、さすがオフィス街だけあって、カウンターはいっぱいでした。結構分かりにくい場所っぽいのですが。
ポークのオムライスで上に三ぴきの小さめ海老ふりゃあのせ。後で、王道はチキンかっと思いましたが、何分ポークが好きなもんで。

はっきり言いましょう。人生で一番美味しいオムライスでした。玉子のふんわり感は群を抜いてます。ちょうど良い火の通し加減。美味しい~( ̄▽ ̄)。

オムライス、1925年、大正14年生まれだそうです。すごいですね。HP(http://www.hokkyokusei.jp)に詳しいです。
渡米前は知りませんでしたが、大阪にも色々あるんですね~。
by okagesandesu | 2009-02-26 21:51 | 関西生活

讃岐うどんが食べてみたくて。。。〜兵庫 いわしや〜

e0076349_1315223.jpg突然ですが、わたくし、うどんも、そばも、どちらも大好きです。シアトルに居た頃、Mさんが引っ越しをする際に本をお預かりしました。その本の中に、「恐るべきさぬきうどん」という有名な香川の讃岐うどんについて書かれたものが2冊ありました。その語り口も非常に面白いのですが、何より、そんなに美味しいものなのか?!と思わされるのです。当時は、即宇和島屋に行き、冷凍讃岐風うどん麺を買い、ああ、いつかいきたい〜と思って夢を馳せておりました。

恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻 (新潮文庫)

麺通団 / 新潮社



でも、なかなか香川までは行けない。。。では、関西にそんな麺どころはないだろうかと探してみました。結構、讃岐うどん特集のブログなどもあり、食べ歩かれてるのも多くみられました。その中で、一番近くてよろしい具合なのは〜と見て、まず、上の「いわしやさん」に行ってみることにしました。神戸市の北のほうになる西宮北インター降りてすぐです。

本文の続きは、ここクリック。
by okagesandesu | 2009-02-25 13:52 | 日本うまい処

淀屋橋

e0076349_2513692.jpg

海外にいて、関西空港に戻って湾岸線を走ってくると、いつも、そのゴミゴミした関西の風景にため息が出ます。最近は、シアトルのアメリカ人友達たちがもし来てくれても、果たしてどうよ〓(-_-;)と思ったり。。。
富山で学生をしていた時も、夜にサンダーバードに乗って大阪に戻ってくると、空の色が紫に見えて、うわ~、空気悪そう~(-_-;)と思ってました。
そんな大阪ですが、例外の場所はあります。その中の一つが淀屋橋です。梅田から徒歩圏内でありながら、古い素敵な建物が残っているビジネス街です。ビザの申請時にお世話になる領事館の側です。この川へりより、隣の橋のアーチと川面を望むのが好きです。
余談ですが、この付近、老舗の鰻屋さんが多いのです。ビジネス街に鰻屋さん。また、最近は、神戸のように、昔の豪商さんのアンティークのようなビルを改築して店舗にしたり。金庫を改造した喫茶店てのもあります。
まだまだいろいろありそうな淀屋橋です。
by okagesandesu | 2009-02-24 02:51 | 関西生活

近江のおばんざい

e0076349_1154692.jpg

筍白菜のおかかポン酢和え
茄子の含め煮、
キノコと大豆のトマト煮、
さつま芋のレモン煮、
法蓮草と厚揚げのお浸し、
蕪の海老餡掛け、
鮭の唐揚げ みぞれ掛け

に、半玄米ご飯とお味噌汁。
大阪、泉の広場を上がり、少し行った所の二階に近江野菜を使ったレストランがありました。ランチ時に、近くにいて、よさそうな感じがしたので行ってみました。器も近江にこだわり信楽焼とありました。正直そんなに期待してなかったのだけど、結構美味しく、半玄米ご飯が上手に炊けてました。おばんざいも美味しく頂きました。

花様 ka-you 東梅田店
太融寺町5-15 梅田イーストビル二階
06-6362-8010
11;30~24;00
by okagesandesu | 2009-02-21 01:15 | 関西生活

珈琲談義 〜茜屋珈琲店 大阪にて〜

e0076349_0592290.jpg


シアトルで大好きになった珈琲。。。。


昔は珈琲が全く飲めませんでした。
10年前(?!)に、アメリカはサンフランシスコ郊外にあるスタンフォード大学に上司と行った時に、はじめてスターバックスに連れて行ってもらって、ラテを飲ませてもらい、コーヒーが飲めるようになりました。暖炉の前で、たくさんの学生さんたちが勉学に励まれながら、ラテを飲まれている姿に感心したものです。

ここ一年、なんとなく、ラテを飲んだ後のもったり感が少し嫌になってきて、ちょうどシアトルのアパートの近所に新しいカフェ、ASTERができ(当時の様子)、そこのエチオピアコーヒー(下の写真)が大好きで (バランスの良い酸味が特徴的かと。朝一に最高でした。)、今ではブラックで飲むのにもすっかり慣れました。

そんな訳で、シアトル系コーヒーと言われるカフェ系や、ラテアートが受けるなか(まあそれもいいのですが)、本当に美味しい珈琲を入れてくれる大人がくつろげるような上質なお店はないかと考えてました。先に帰国したOさんに、美味しい珈琲屋さんはみつかった?!と尋ねてましたが、なかなかこれというのがないとのこと(Oさんも探されてました)。でも、茜屋っていうのが美味しいらしいで〜。と言われました。

ん?!茜屋?聞いた事あるぞ、なんか覚えがあるぞ?と思い、サーチしてみると。。。。。なんとまあ、私が小学校の頃(神戸に住んでました)、よく母に連れられて行った喫茶店じゃないですか。落ち着いた古い木を使った炭焼きだよ〜っていう風の店内と看板が子供ながらに好きでした。買い物帰りに疲れを癒しに母と行きました。もちろん、おこちゃまだったので、頼んだのは、「ぐれいぷじゅ〜す」、か、「あいすここあ」。そうか〜、あの店か〜!確か、大阪の泉の広場の近くにもあって、そこも一回行ったような気がする。。。。。と、思い、そちらに行ってみました。 

昔とかわらず、同じように静かで落ち着いた良い雰囲気の中、珈琲を入れてもらいました。
たくさんの珈琲茶碗がある中、お店の方が茶碗を選んでくださいます。
あの茶碗で飲みたいな〜と思うのではなく、どんな茶碗を向こうが選んでくださるか、それにより、どんな風に自分が相手に映っているのだろうかと想像させられるので、それもまた楽しいと思うようになりました。
目の前で、その選ばれた茶碗がお湯で暖められ、そこにドリップ式で珈琲が入れられます。いい香りがしてくる中、大きく膨らむ珈琲豆を見るのも、またわくわくします。

本当ならば、そのままブラックでいく所なのですが、ここでは、敢えて砂糖を入れます。
砂糖といっても、グラニュー糖ではありません。グラニュー糖は均一に甘みが広がります。
珈琲用の小さな茶色い粗目のお砂糖です。これを一さじ弱入れて、軽くかき混ぜます。
こうすると、上はブラックで、下に降りてくるとほんのり甘く、最後は珈琲の染みた粗目を「あめちゃん」のようにカリカリと言わせて食べるのです。
(関西人なので、「あめちゃん」と言わせてください。この癖だけは止められません。)

以上が、現在一番お気に入りの珈琲タイムでございます。
店内は、ここが大阪の喧噪の中とは思えない雰囲気と時間が漂ってます。

ちなみに、珈琲の横のケーキは、ココアケーキ。見た目とは違い、甘くなく、重くないです。
これがアメリカだったら、想像どうり、死ぬほど甘く、死ぬほど重たいのですけどね(笑)。

ちなみに、下の写真のコーヒー豆が私のお気に入りのエチオピアでした。
あっさりしてて、少しシトラス系の風味ですので、午前中用(←ここ重要) です。
さらに、余談ですが、エチオピアの後、名前が発音しにくくぅて、いつも恥ずかしかった。。。
e0076349_144128.jpg

by okagesandesu | 2009-02-17 01:48 | 関西生活

神戸元町で北野のカレーを食らふ

e0076349_22441171.jpg


神戸に用事で出てました。ランチにどこか軽めに~カフェで軽食もいいかな~と思い路地を歩いてると、カレーの文字が飛び込んできました。
あ、カレーもいいねっと思い、入ってみました。

水を使わずに野菜で煮込んで作るカレーと看板にありました。狭い階段を上がっていくと(ここが神戸っぽい)、綺麗でシンプルだけどお洒落で気の配られた店内とカウンター。マスターと話してみますと、カレー煮込んで三十年だそうで!昔インド人と始めたけどその人はインドに帰国して、その後ずっと続けて来られたそうです。平鍋で野菜をひたすら混ぜて潰していくそうで(つまり機械によってるわけではないということです)、日により、スパイスを微妙に変えるそうです。野菜(トマトや玉葱)の味が微妙に違うからだそうです。なるほど〜!またスパイスを何時加えるべきかというのも、スパイスによって、最初に炒めるもの、炒めないで加えるもの、中間で加えるもの、最後で加えるものと多岐に渡るようでした。いえ、普段自分でスパイスからカレーを作る場合、最初にスパイスを炒めないとちゃんと辛さとかが引き出せず、どんだけスパイスを突っ込んでも、ピンとしないカレーになるので、そこをいつも色々考えていた訳で、ちょっと質問をさせてもらった次第でした。

海老のカレーを頼みました。海老はプリプリでした(海老好きにはたまりません)!ガーリックは最初の油に香りを移すだけで~というだけあり、ガーリックに邪魔されず品がよく、まず最初に香るスパイスが素晴らしかったです。そして、シンプルで美味しかったです。何より、心込めてつくられているのが伝わってきます。気に入った〜!

また、少し塩加減のことでお話をしました。ソルティーラッシー恋しいな〜と思ってたら、マスターさんが、日本人はラッシーと言えば甘いラッシーだからね、うちではちゃんとソルティーか甘いのかお聞きするんですよというお話になりました。おお〜っ!この人はいいぞ〜!でも、ここにはラッシーはないから、本店(北野)にあるんかな?まあいいです。そっちもいこ〜っと。とにかく気に入った〜!ごちそう様でした。ありがとうございました。

次はキーマカレー食べにこよ~( ̄▽ ̄)。

シャミアナ
元町店 本格カレー専門
神戸市中央区元町通2-3-7元町一番街YAMAHA前南へ入る
電話 078-333-9133

追伸; 辛さというのは、人それぞれ感受性が違うと思いますので、めちゃ辛いと思う人から、辛さが足りないと言う人まで居ると思います。私の前のお客様は汗ふきふき、出て行かれる時に、いかにも「辛かった〜」風でした。私の場合、食べ終わる頃に、うっすら額に汗、チャイでほどよく中和、外に出る頃には後味さっぱり、という感じでした。ちなみに、私は冷え性でもなく(逆です)、辛さにめちゃくちゃ強い訳でも、弱い訳でもありません。程よい辛さが好みです。。。
by okagesandesu | 2009-02-12 15:30 | 関西生活

リンゴみつまるくん

e0076349_1631402.jpg

最近感動したリンゴです。サンふじりんごの"みつまるくん"と言います。生協さんで頼みました。到着するなり箱の外にまでリンゴの良い香りがすごい漂ってました。割ると写真のように蜜が大きく入っていて、甘味、酸味、歯ごたえが完璧なバランスで本当に美味しく感動しました。スーパーで同じように、高糖度測定保証とうたって高い値段で売ってたリンゴと比べてみましたが、圧倒的みつまるくんの勝ちでした。
すごいリンゴがあるもんですね~。さすが、ニッポン!
産地は青森県相馬村とありました。相馬村の方々、有り難うございました。素晴らしいリンゴです。HPには新発売とありました。
最近の日本ではアメリカみたいに例えばオーガニックのUSDA認定システムみたいなのがまだないからか、代わりに、 "どこそこの○×さんが作りました。" という写真入りの野菜が増えました。が、なんとなく、どこまで信じれるものだか、ラベルだけで値段だけ高いんじゃないかと思ったりしてたら、やはりそんな偽装事件も摘発されたりして、ああやっぱり~(-_-;)と思わされたり。一生懸命苦労して作られてる農家の方に失礼です。美味しい物が大好きで良い舌をもつ日本人なのですから、是非日本でも品質が高く美味しく安心して食べれる本物の食材がもっと流通して供給されるようにならないかな~と痛切に思います。あ~、バラードのファーマーズマーケットが恋しいな~(´・ω・`)。

青森県相馬村のJAさんのHP
by okagesandesu | 2009-02-09 16:31 | 関西生活

やっと。。。

e0076349_226045.jpg

シアトルから一緒に戻ったぶ~にゃんの近況です。
つい先日ですが、電気カーペットの上で、完全に上向いてひっくり返ってました(ただし座机の真下なんで写しにくかったので、わかりにくいかと思いますが)。初めて見た母は、何これ~とびっくりして笑ってました。そこではっと気づきました。そう言えばシアトルではよくこのポーズでぶ~にゃんは転がってたのですが、帰国後このポーズは封印されてました。
久しく見てなかったこのポーズに胸がジーンとしました。猫は言葉を話しませんが感情がゆたかで繊細です。よく観察してると行動の意味がわかってきます。
最近、ようやくシアトルで使ってた猫砂をネットで発見し、その猫砂に戻したばかりでした。やっと全ての環境を整えてあげれた所で、本当にリラックス出来て、あのお得意の完全リラックスポーズがでたのかもしれません。
苦労かけたね、ぶ~にゃん。
by okagesandesu | 2009-02-08 02:26 | 関西生活


フラ、ぶうちゃん、サイエンス、大阪、シアトルとぶうちゃんの思い出、時々旅行記、人生は旅だね!


by okagesandesu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧